美容整形に伴う痛み

医師

美容整形の施術を受ける前に、一番気になることは痛みであるという人が大宮でも多いです。美容整形で伴う痛みは一般的に施術中の痛みと施術後の痛みに分かれます。2つの痛みに対して、どのように対処するのかを説明していきます。まずは、施術中に感じる痛みについてです。これは、切開をすることや骨を削ったりすることなどで生じる痛みが挙げられます。施術中は麻酔を行なうことで痛みを軽減したり、無痛に近い状態までに抑えることができるため、この痛みを感じることは殆どありません。大宮の美容整形外科で使用されている麻酔にはいくつかの種類があり、施術箇所や方法によって分けて使用されます。その一つとして、ガス麻酔は寝ている間に完全無痛による美容整形が可能で、麻酔後の倦怠感が少ないことが特徴です。また、麻酔入り注射などもあり、痛みに対して不安を感じる事の無いように工夫している美容整形外科も大宮には多くあります。次に、施術後の痛みには、施術後に美容整形外科から頓服の痛み止めを処方してもらい対処することができます。痛みに作用するのはもちろん、解熱や炎症を抑える効能を持つ頓服薬の処方で術後の痛みが発生しても、日常生活が送りやすいようにしてくれます。それでも痛みが怖いという場合は、大宮で受けられる美容整形の中でも、特に施術中や施術後の痛みが軽いとされているプチ整形なども視野に入れてみてはいかがでしょうか。自身のコンプレックスに感じている部分にプチ整形の方法があるかというか確認しながら、検討してみることでより負担が少なく理想の自身に近づけることでしょう。